HOME >> 新着情報 >> Column >> 私たちは何をしてきたのか

『造園業×サービス業』『植木屋×サービス業』 そのメッセージの背景にある、私たちの想い。

人事本部の赤嶺と申します。
新卒から中途採用、業務委託からアルバイトまで、採用全般を担当させて頂いており、日々たくさんの求職者の方とお会いします。

その中で感じるのは、「植木屋」「造園業」「庭師」という業界自体の認知度が低いこと、それゆえに、当社が取り組んできたこと・取り組もうとしていることがなかなか伝わりづらいということ。

そのため、今日は、「私たちは何をしてきたのか」についてお伝えしたいと思います。

植木屋・造園業というと、「職人」というイメージをお持ちの方は多いのでしょうか。

実際に植木屋は、その「職人としての技術」をアピールし、顧客を獲得してきました。
それはそれで、サービスとしてのひとつのあり方だと思います。

では、ユーザーは何を求めているのか?

「草むしりだけお願いしたい」
「自分が出来ないあの木1本だけお願いしたい」
「あの枝だけ短くしたい」

実は、そんなニーズが圧倒的で、高度な技術を求められるケースは、イメージほど多くないのです。

しかし、業界では、そもそもサービスの提供に対して対価すら定められておらず、職人の日当から価格を計算する「1日●万円~」といった料金設定が基本でした。

創業当初に出会ったお客様から、『草刈りを依頼したら、「草だけなら行かない」と断られた』という話を伺ったことも少なくありませんでした。

「1本だけ」「草だけ」・・・そんな依頼に対しては、

“もうからないから、受けない”

それが私たちが目にした現実であり、アタリマエだったのです。

本来優先されるべきは、供給者の論理ではなく、顧客の要望であるはずです。

そこで、当社は業界ではじめて、木の種類と大きさによって細かく料金を設定し、庭木1本500円からの価格で剪定や伐採などを行うサービスを提供。

具体的な施工事例や、そのご依頼にまつわるストーリー、スタッフのコメントやお客様の声なども数多く掲載し、積極的な「見える化」を進めてきました。

専門知識は、それ自体ではなく、それをどう活かすかが大切です。

なまじ経験を積み、知識を身につけると、「この木はこう切らなければだめだ」「そんな切り方はありえない」と頭でっかちになりがち、そして講釈しがちです。

私たちが常に見つめてきたのは、ご依頼者のご要望。拘ってきたのはそのご要望を最優先して施工を行うこと。
知識や技術を、依頼者の要望に応えるために“どう活かすか”を考えることでした。

草むしりだけ。
ほんの10分で終わるお手入れ。

そんな依頼を受けていては、赤字になってしまうのではないか。
そんな風に捉えがちです。

しかし、ユーザーのニーズはそこにある。

そのニーズに応え、価値を提供することにこそ、事業としての存在意義があるのではないか。
そう考え、サービスを創り、提供する…それが私たちが歩んできた歴史です。