施工事例「全て」

玄関前の樹木の植え替え(エメラルド)、リンクストーンでの舗装、インターロッキング Before

Before

玄関前の樹木の植え替え(エメラルド)、リンクストーンでの舗装、インターロッキング After

After

担当スタッフコメント

■お客様がお困りだったこと、ご相談頂いたこと
家を建てた時から庭部に芝が張ってあったけれど、管理が大変なため、レンガかブロックを敷き詰めたいとのご要望でした。
また、予算次第では玄関前の樹木を植え替えたいとのこと。
こちらも最初から植えられていた樹木では、歩道から玄関前が見えてしまう状態となり、目隠しとして機能させたいとの事でした。
さらに歩道沿いの砂利部分に落ち葉が入ると掃除が大変なため、何かで固めることができればとのことでした。

■おにわやからのご提案
当初、芝部分は砂利、乱形石、タイルなども予算に応じて考えていたが、まず全面砂利は見栄え的にもあまり良くないよね・・・ということでその案は無くなりました。
また、アンティーク系な仕上がりにできればとのお話を頂いたので、色合いが落ち着いた物を候補に上げさせて頂きました。
ただ全部ブロックで埋めてしまうと淋しいので、できれば小さい花壇を作って欲しいとご相談頂きました。そのため、こちらもインターロックブロックに合うよう、ピンコロ石という素材の中で、落ち着いた色の物を選ばせて頂きました。
砂利部分については、「リンクストーン」という砂利を樹脂剤で固める素材を選び、他の部分の砂利に合う色合いを選ばせて頂きました。
樹木に関しては、濃い緑で密に葉がある樹木をご希望でしたので、エメラルドをご提案させて頂きました。

■担当・小池より
樹木の植え替えの際に、既存の木を抜いてみると、予想以上に基礎部分が多く、またガス管や電気線が走っており、新たに植え付けるのが大変でした。むしろ率直な思いとして「よく前の業者さんはこの中に植えたな!笑」と感じ、お客さんにも確認して頂き、樹木の根鉢を一回り二回りり小さくして植え付けました。
樹木植え付けから2か月後、インターロッキングの施工に伺ったのですが、元気よく育っていてくれて何よりです。
お見積もりのお問い合わせから施工完了までに約2ヶ月の月日が経ってしまいました。
しかし、完了後「こんなに綺麗になるとは思ってなかったので大満足です!」とお言葉を頂いたので、お待たせして申し訳ない気持ちと感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

作業日:
2015年6月8日
担当営業所:
東京本社
サービス内容:
植木・庭木の植栽
シラカシの強剪定 Before

Before

シラカシの強剪定 After

After

担当スタッフコメント

■お客様がお困りだったこと、ご相談頂いたこと
大きくなりすぎて困っているので、高さを落としてさっぱりさせたいとご相談頂きました。

■おにわやからのご提案
ご要望にお応えできるよう、混み合った枝を払い、高さを下げ、サッパリさせました。

■担当・早野より
樹木の中が込んでいると、風通しが悪くなり、害虫の発生や病気の原因になります。
樹木1本からでもお伺い致しますので、お気軽にご相談下さいませ。

作業日:
2015年6月7日
担当営業所:
神奈川支店
サービス内容:
植木・庭木のお手入れ(剪定)
空地の定期管理(草刈作業) Before

Before

空地の定期管理(草刈作業) After

After

担当スタッフコメント

■お客様がお困りだったこと、ご相談頂いたこと
毎年、定期的に草刈に伺っている空地の管理作業です。
「近隣にご迷惑になるといけないから」と毎年ご依頼頂いています。
空き地や空き家の定期管理のご依頼のほとんどは、近隣に配慮をされてのものです。

■おにわやからのご提案
空き地での草刈り作業は色々な気配りや注意を要します。
当然作業前の近隣挨拶から始まり、敷地がむき出しの空き地から飛び散る小石の対策も考えなくてはなりません。
それらの事前のアナウンスをすることで、安心感を感じて頂ければと思っております。

■担当・斉藤より
この空き地の定期管理作業も3年目に入り、お客様が弊社にご不在でも作業を任せて頂けている事がありがたいと思います。
任せて頂いているという事はoh庭yaであれば無事に作業を完了してくれると思って頂けているという事。
ありがたいと思うのと同時に背筋が伸びる思いです。

作業日:
2015年6月7日
担当営業所:
サービス内容:
空き地・空き家管理